来年発売の次期「iPhone」シリーズは5.85インチと6.46インチの2モデル構成に??

ETNewsが、業界筋の話として、来年に発売される次期「iPhone」シリーズでは、5.85インチと6.46インチの有機ELディスプレイを搭載した2つのモデルが発売されるかもしれないと報じています。


Appleは来年に発売する次期「iPhone」シリーズに搭載する有機ELディスプレイの開発で、Samsung Displayや他のサプライヤーと協力しており、5.85インチについては、まもなく発表される「iPhone 8」と同じ大きさになるものとみられています。

また、6.46インチモデルについては、ベゼルレスやホームボタンの廃止により、「iPhone 7 Plus」に似た本体サイズになるものとみられており、来年は「iPhone 8」の次期モデルに加え、「iPhone 7s Plus」の次期モデルとして6.46インチモデルが投入されるものと予想されます。

なお、今年5月に来年発売の次期「iPhone」シリーズのディスプレイサイズは、5.28インチと6.46インチになるとの情報がありましたが、5.28インチについては計画が変更され、開発はストップしたようです。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事