次期「Apple Watch」はやはり今年10〜12月に発売か

次期「Apple Watch」は来月に次期「iPhone」シリーズとともに発表されるものの、発売は10〜12月になるとみられていますが、Economic Daily Newsも、次期「Apple Watch」は今年第4四半期(2017年10〜12月)に出荷が開始されるようだと報じています。


次期「Apple Watch」は最終テストの段階で、早ければ今年第4四半期に量産が開始される可能性があるとのことで、同製品の製造は現行モデルと同じ台湾のQuanta Computerが独占的に請け負うようです。

ほぼこれまでに報じられている情報と同じ内容であることから、次期「Apple Watch」の発売は10〜12月になる可能性が高そうです。

なお、次期「Apple Watch」についてはデザインは大きく変わらないものの、LTE通信に対応し、バッテリー駆動時間の改善やパフォーマンスの向上なども特徴になると予想されています。


[via DigiTimes

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事