Harman KardonのCortana対応スピーカー「Invoke」のユーザーマニュアルなどが明らかに

Harman KardonはMicrosoftと協力し、音声アシスタント「Cortana」を搭載したスピーカー「Harman Kardon Invoke」を今秋に発売予定ですが、FCC(米連邦通信委員会)が同製品に関する資料を公開し、ユーザーマニュアル(取扱説明書)や同製品の写真などが明らかになりました。

「Harman Kardon Invoke」は音声アシスタント「Cortana」に対応したスピーカーで、お気に入りの音楽を再生したり、カレンダーやアクティビティを管理したり、リマインダーを設定したり、最新のニュースなどを確認する事が可能となっています。

また、Skypeの統合により、携帯電話や固定電話、その他のSkype対応デバイスへの通話が可能な他、互換性のあるスマートホームデバイスのコントロールなども可能です。

今回明らかになったマニュアルによると、同製品の上面にはタッチパネルが搭載され、その周りが音量調節リングとなっており、本体下部にはマイクのオン/オフボタンやBluetoothのペアリングボタンが配置されています。

また、タッチパネル(タッチエリア)をショートタップとロングタップする事で様々な操作が可能となっています。


なお、今回明らかになった「Invoke」の仕様は下記の通り。

・定格電力:40W
・スピーカーウーファー:45mm x 3
・ドームトゥイーター:12mm x 3
・Bluetoothバージョン:4.1
・電源:19V/2A
・電源ケーブルの長さ:233cm
・アイドル消費電力(マイクオフ/マイクオン):1.89W/2.88W
・ワイヤレスネットワーク:802.11b/g/n/ac(2.4Ghz/5Ghz)
・寸法(DxH):10.7 x 24.2cm
・製品重量:1kg
・サポートされているオーディオ形式:AAC、MP3、Vorbis、FLAC、WMA、WAV

[via FCC, Newoin

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。