ARM版「Windows 10」搭載PC、まずはLenovo、HP、ASUSの3社から登場へ

Windows Centralによると、MicrosoftとQualcommが、「Computex 2017」に合わせて開催したイベントにて、Lenovo、HP、ASUSの3社がARM版「Windows 10」搭載PCのローンチパートナーであることを発表しました。

ARM版「Windows 10」を搭載したPCは、プロセッサにSnapdragon 835を搭載し、通常のx86ノートPCに比べ、スタンバイ時間は4〜5倍に、バッテリー駆動時間は最大50%向上、ギガビットLTE対応などが特徴になるとのこと。

また、ロジックボードはIntel製プロセッサを搭載したモデルよりも約50%小型化でき、より薄型で軽量のノートPCが開発可能となっています。

なお、現時点でデバイスの詳細は何も明らかにされていませんが、2017年第4四半期(10〜12月)に順次発売されるものと予想されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。