Apple、今年末にマイクロLEDディスプレイ搭載製品の少量生産を開始か

Appleは以前より台湾の研究開発施設でマイクロLEDの開発を行っていると言われていますが、DigiTimesが、Appleは今年の年末にマイクロLEDディスプレイを搭載した製品の少量生産を開始する可能性があると報じています。

Appleは2014年5月にマイクロLED関連技術のベンチャー企業である米LuxVue Technologyを買収し、2015年4月に台湾北部に新型ディスプレイの研究施設を開設しており、この施設でマイクロLEDを採用したディスプレイの開発が行われているものとみられています。

なお、マイクロLEDを採用したディスプレイは、その名の通り極小のLEDを用いたディスプレイで、バックライトが不要である事からディスプレイの薄型化が可能な他、広色域化や高精細化、省電力化、軽量化が可能で、以前より次世代「Apple Watch」に採用されると噂されており、早ければ2018年以降に発売される次世代「Apple Watch」に採用される可能性があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。