「iPhone 8」はこんな感じのデザインに?? ー 最終設計を基にしたとされる新たなモックアップが登場

本日、BGRが、「iPhone 8」のモックアップ(模型)の写真を入手したとして公開しました。



このモックアップは「iPhone」を製造する工場から流出した図面を基に作成されたものとみられており、特徴としてはエッジ部分が僅かにカーブした2.5Dガラスが前面だけでなく背面にも採用され、ミッドフレームには鏡面仕上げのステンレススチールが採用されています。

なお、このモックアップは「iPhone 8」の最終設計デザインが基になっていると言われていますが、これまでの噂をまとめてもこんな感じになると思います。




スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事