「Facebook Messenger」の軽量版アプリ「Messenger Lite」、国内でも利用可能に

本日、Facebookが、「Facebook Messenger」の軽量版アプリ「Messenger Lite」の提供地域を拡大し、日本でも配信を開始したことを発表しました。


「Messenger Lite」は通常版よりもスリム化(容量は10MB以下)されており、インターネットの通信速度が低速の地域や、最新のデバイスを持っていないユーザーも快適に使うことができるのが特徴で、2016年10月に初めてローンチされて以来対象国を広げ、本日より、日本を含む世界150カ国以上のほぼ全ての国と地域での使用が可能となりました。

また最新版では、絵文字やスタンプを送ったり、オンライン中を表す緑の丸印を表示するほか、グループのメンバーを閲覧、削除することも可能となっています。

なお、同アプリは現在のところAndroid版のみリリースされており、iOS版は提供されていません。

 ・Messenger Lite – Google Play


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事