Googleの独自ブランドのワイヤレスヘッドフォンの存在が明らかに ー ただし社員向け

Android Policeによると、FCC(米連邦通信委員会)が公開した資料から、Googleが独自ブランドのワイヤレスヘッドフォンの存在が明らかになりました。


FCCに提出された資料では名称は「Bluetooth and ANC headphone」となっており、その名称からBluetooth対応のワイヤレスヘッドフォンで、騒音(ノイズ)に対して能動的に逆位相の音を発生してノイズを低減させる「ANC(アクティブノイズコントロール)」に対応している事が分かります。

「ANC」は専用のスイッチでオン/オフが可能で、バッテリー容量は600mAhでmicroUSBで充電可能となっており、バッテリー駆動時間は通常使用で25時間、「ANC」有効時で16時間になるようです。


ただ、残念ながら同製品は一般向けに発売されるモデルではなく、Googleが社員向けに配布する為のヘッドフォンだそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事