Twitter、データ利用量を最小限にしたWEBアプリ版の「Twitter Lite」を提供開始

本日、Twitterが、新興国などのインターネット接続の弱い場所での利用に適したWEBアプリ版の「Twitter Lite」を発表しました。

「Twitter Lite」は、理想的ではない通信環境でもTwitterをできるだけ快適に利用できるようデータ利用量を最小限にし、読み込み速度をアップさせ、不安定なネットワークでも利用しやすくなっており、デバイス上の容量も1MB以下に抑えられています。

また、起動時や利用時の読み込み速度も最大30%アップされており、Twitterの基本的な機能であるタイムライン、ツイート、ダイレクトメッセージ、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知などを搭載しています。

更に、モバイルのデータ量をより軽減するためにデータ節減モードも追加されており、このモードではまず画像や動画をプレビューで表示し、フルロードしたいものだけを選ぶことが可能となっており、最大70%のデータ量を軽減できるそうです。

なお、「Twitter Lite」は、本日からスマートフォンまたはタブレットから”mobile.twitter.com“にアクセスすることで利用可能です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。