Apple、「watchOS 3.2」を正式にリリース ー シアターモードが利用可能に

本日、Appleが、「watchOS 3.2」を正式にリリースしました。

th_th_WatchOS3_Hero_3Up_PR-PRINT
「watchOS 3.2」ではシアターモードが利用可能になる他、「Siri Kit」が「Apple Watch」でも利用可能になっています。

シアターモードは、設定するとサウンドがミュート状態になる他、「手前に傾けてスリープ解除」もオフになる為、映画館やコンサート会場などで不用意に音が出たり、画面が点灯したりすることを防ぐことが可能になります。

ただ、通知の振動に関してはオンになったままなので、ディスプレイをタップしたりデジタルクラウンを押すことで通知を確認可能です。

なお、アップデートは「iOS」の「Watch」アプリより可能です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事