タグ・ホイヤーの新型スマートウォッチ「TAG Heuer Connected Modular 45」の一部詳細が明らかに

タグ・ホイヤーは現地時間3月14日に「Android Wear 2.0」を搭載した新型スマートウォッチを発表する予定ですが、同モデルに関する情報がフライングで公式サイトに掲載されていた事が分かりました。

正式名は「TAG Heuer Connected Modular 45」で、仕様は「Android Wear 2.0」やIntel製チップセット、Wi-Fi、GPS、NFC(Android Pay用)、AMOLEDディスプレイ(サイズは不明)、4GBのストレージなどを搭載し、ケースサイズは45㎜、50気圧防水対応などとなっています。

また、以前に伝えられていた通り、ラグやバンド、バックル(留め具)の交換も可能で、様々な素材のバンドなどが用意されています。

なお、「TAG Heuer Connected Modular 45」の価格は米国では1,650ドル(約19万円)となっています。

[via PhoneArena

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。