あの「Nokia 3310」が復活 ー HMD Global、新型「Nokia 3310」を正式に発表

Nokiaの携帯電話「Nokia 3310」と言えば、17年前の2000年9月に発売されたフューチャーフォンで、非常に頑丈で人気となったモデルですが、本日、HMD Globalが、その「Nokia 3310」の新モデルである新型「Nokia 3310」を発表しました。


2.4インチのQVGAディスプレイ(320×240ピクセル)、200万画素カメラ、microSDカードスロットなどを搭載し、OSにはNokiaの「Series 30+」が採用されており、通信方式は2.5Gで、ブラウザとして「Opera mini」が搭載されています。

また、最大のセールスポイントはバッテリー駆動時間となっており、スタンバイ時間は25日間、連続通話時間は22時間となっています。

なお、新型「Nokia 3310」は今年第2四半期に発売され、価格は49ユーロ(約6,000円)になる予定です。


[via The Verge

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事