タグ・ホイヤー、5月に「Android Wear 2.0」搭載の新型スマートウォッチを投入へ

Googleは来月にスマートウォッチ向けOSの最新版「Android Wear 2.0」を正式にリリースすると言われていますが、高級時計ブランドのタグ・ホイヤーが、「Android Wear 2.0」を搭載した新型スマートウォッチを今年5月に投入することが分かりました。

connected

(画像は現行の「Tag Heuer Connected」)


これはタグ・ホイヤーのCEOであるジャン・クロード・ビバー氏が明らかにしたもので、2つのサイズが用意され、Intel製Socや改良されたディスプレイ、GPSモジュールなどを搭載するとのこと。

また、同社は2015年11月に同社初となるスマートウォッチ「Tag Heuer Connected」を発売していますが、同モデルの販売台数は目標であった20,000台を上回り、56,000台に達した事も明らかにされました。

[via Android Headline

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。