Withings、心拍測定に対応したアナログスマートウォッチ「Steel HR」を1月20日に国内で発売

本日、Withingsが、心拍数を測定可能なアナログスマートウォッチ「Steel HR」を1月20日に国内で発売することを発表しました。

steelhr_R

同モデルは従来のアナログスマートウォッチの洗練されたデザインはそのままに心拍測定機能を搭載したモデルで、運動時の心拍や1日の平均心拍、安静時心拍を自動的に測定してくれます。

また、同シリーズでは初めて充電式バッテリーを採用しており、最長で25日間のバッテリー駆動が可能で、心拍測定機能をオフにすることで駆動時間を延ばすことも可能です。

文字盤には有機ELディスプレイが搭載されており、アクティビティのデータやスマホの通知を表示することが可能で、通知機能については発売当初は英語のみの表示ですが、後日、日本語にも対応する予定とのこと。

さらに、耐水性能は最高50mとなっており、水泳のトラッキングも可能です。

ケースのサイズは36㎜と40㎜の2サイズが用意され、AmazonやSoftBank SELECTIONオンラインショップ、一部家電量販店で販売され、記事投稿時のAmazonでの価格は36㎜モデルが22,540円、40㎜モデルが25,270円となっています。

 ・Amazon
 ・公式サイト

[via Engadget Japanese

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。