「Windows」でお馴染みのエラー画面「ブルースクリーン」が「グリーンスクリーン」に ー 最新のInsider Preview ビルドで

「BSOD(Blue Screen of Death)」と言えば「Windows」でお馴染みのエラー画面「ブルースクリーン」ですが、「Windows 10」の最新のプレビュービルドでは、その「BSOD」が緑色を特徴とした「グリーンスクリーン(Green Screen of Death)」に変更されている事が分かりました。

gsod
「BSOD」が「GSOD」に変更されているのは、先日にネット上に流出した「Windows 10 Insider Preview」の最新ビルド(正式には公開されていない)で、現在のところ、この「GSOD」はInsider Previewビルドでのみ採用されており、正式版とプレビュー版とを容易に区別することが出来るようにとの意向からプレビュービルドのエラー画面の色を緑に変えたそうです。

なお、Microsoftがなぜ緑を選んだのかは不明とのこと。


[via MSPU

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事