Twitter、モバイル向け公式アプリから直接ライブ動画の配信が可能に

本日、Twitterが、ライブ配信アプリ「Periscope」をより深く連動させ、Twitterの公式アプリから直接ライブ動画を配信できるようになったことを発表しました。

new_twitter_logo

これまでTwitterの公式アプリでライブ動画を撮ろうとすると、「Periscope」のアプリが自動的に立ち上がるシステムでしたが、本日よりTwitterの公式アプリ内で直接ライブ動画の配信が可能となっています。

ライブ動画の配信を始めるには、Twitterの公式アプリでツイートの作成画面を開き、画像を添付する要領で「ライブ」をタップするとカメラ機能が立ち上がり準備完了で、動画配信したいものにカメラを向け、「Go Live」をタップすればTwitterから直接動画のライブを配信可能です。

また、ライブ配信されている動画は、TwitterでもPeriscopeでも視聴可能で、これまではPeriscopeからのみ可能だったコメントやスクリーンをタップしてハートを送ることもTwitter上から直接行えるようになっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。