「iPhone 6s」が予期せずシャットダウンする問題、要因は製造上の問題であることが明らかに

Appleはごく一部の「iPhone 6s」で予期せず電源が落ちてしまう可能性がある不具合が見つかったことから、「iPhone 6s」のバッテリー交換プログラムを実施していますが、中国の公式サポートページにて、これは問題があるモデルに搭載されているバッテリーの部品が製造時に長く外気にさらされたことが要因で、バッテリーが通常よりも早く劣化してしまい、予期せず電源が落ちてしまう問題が発生すると案内しています。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT

また、中国では他のモデルでも同様の問題が発生していることから、中国消費者協会がAppleに対し更なる調査を要求しているのですが、Appleは「iPhone」が極端に寒い場所などの特定の条件下で自動的にシャットダウンするように設計されていることを案内しています。

ユーザーにとっては、これらのシャットダウンの一部が予期しないように見えるかもしれないものの、低電圧からデバイスの電子機器を保護するように設計されており、Appleでは上記以外の要因を調査したものの、新たな要因は特定されていないとのこと。

[via iDB]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。