Serif Labs、Macで人気のグラフィックデザインソフトウェア「Affinity Designer」のWindows版を正式にリリース

本日、Serif Labsが、Macで人気のグラフィックデザインソフトウェア「Affinity Designer」のWindows版を正式にリリースしました。

designer-win-launch-header-white2
同アプリはMacではAdobe Illustrator代替アプリとして人気で、過去に「Apple Design Award Winner 2015」を受賞しており、60fps対応のパンアンドズームをはじめ、調節、エフェクト、変換、ブラシなどのリアルタイムの反映が可能です。

なお、対応OSは「Windows 7 SP1」以降となっており、通常価格は6,000円ですが、リリース記念で11月24日まで20%オフの4,800円で販売されています。
(Mac版も同時にセールが実施されています。下記エントリ参照)

 ・公式サイト


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事