Twitter、新しいミュート機能を発表 ー 特定の単語やハッシュタグなどを含む自分宛の@ツイートの通知を非表示に

本日、Twitterが、特定の単語やハッシュタグなどを含む自分宛の@ツイートの通知をミュートすることが出来るようになる新しいミュート機能を発表しました。

new_twitter_logo

新しいミュート機能では、自分宛ての@ツイートに見たくない内容が含まれていた時の為に、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含む自分宛ての@ツイートの通知をミュートすることが可能になり、このミュート設定を行うことによって、これらのツイートが通知タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知で通知されないようにできます。

同機能はあくまで通知にだけ適用され、引き続きタイムラインや検索ではそれらを含むツイートが表示されるとのことで、単語やハッシュタグなどの設定は、iOS向け公式アプリの場合は「通知」タブにある設定アイコンから「ミュートするキーワード」で行うことが可能です。

また、特定の会話(ツイートへの返信)の通知を受け取りたくない場合は、その会話の通知もミュート可能で、会話をミュートすると、その会話に対する新しい通知が届かなくなります。

なお、筆者の環境では記事投稿時点ではまだ利用可能になっておらず、順次提供が開始されるものと思われます。

 ・ミュート設定の詳細オプション

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。