2つのカメラを内蔵した「Apple Watch」用ストラップ「CMRA」が登場 ー 予約受付を開始

「Apple Watch」にカメラ機能を追加するストラップ「CMRA」が発表され、予約受付が開始されました。

chat-on-glide-with-cmra

「CMRA」は2つのHDカメラを内蔵した「Apple Watch」用ストラップで、写真や動画を撮影したり、ビデオチャットを行ったりすることが可能で、撮影した写真などは共有することも可能となっています。

カメラは自撮り用の200万画素カメラと、外向きの800万画素カメラが搭載されており、撮影時はLEDインジケーターが光る仕組みとなっていて、ストラップ部分にバッテリーを内蔵しており、数百枚の写真撮影もしくは30分までの動画撮影が可能です。

cmra

なお、カラーラインナップはブラック、ホワイト、ブルー、グレーの4色で、価格は通常は249ドル(約25,000円)ですが、現在は40%オフの149ドル(約15,000円)で予約受付が実施されており、出荷は2017年春の予定とのこと。

また、「CMRA」と「Apple Watch」を同時に充電出来るドッグ「Dual Charging Dock」も販売され、こちらは60ドル(約6,000円)で予約受付を実施しています。

 ・CMRA

[via iDB

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。