PFU、「ScanSnap S1500/S1300」向けに「macOS Sierra」での不具合を修正した「ScanSnap Manager」の最新版をリリース

人気スキャナ「ScanSnap」シリーズの開発及び販売元であるPFUが、一部の機種向けに「macOS Sierra」での不具合を修正した「ScanSnap Manager」の最新版(V3.2L90)の提供を開始しました。

c4577d84-7be1-42e9-859f-58521366cae4-jpg-_cb300907493_
今回、「ScanSnap Manager」のアップデートがリリースされたのはS1500、S1500M、S1300の3モデル向けで、iX500やiX100、SV600など向けには先日にリリースされています。

今回のアップデートにより、以下の不具合が修正されています。

・macOS Sierraで新たに ScanSnapにてスキャンし、アプリケーション連携すると PDFファイルが壊れる場合があります。

・macOS Sierra、または以前のMacOSでスキャンし作成したPDFファイルを「ScanSnap見開き作成」で編集すると、PDFファイルのページが欠落します。

・macOS Sierraで、新たに ScanSnapにて作成したPDFファイルのファイルサイズが大きくなります。

・macOS Sierraにて Evernoteに連携できない場合があります。

・macOS Sierraにて 印刷結果が真っ白になる場合があります。

・macOS Sierraで、カラーモードが白黒で読み込まれたPDFをアプリケーション連携する時に、連携アプリケーションのプレビュー表示が真っ白になる場合があります。


なお、ScanSnap Evernote Edition向けについては、10月下旬にアップデートをリリースする予定とのこと。

「macOS Sierra」へのScanSnap対応状況について
ScanSnap Manager(Mac専用) アップデート(V3.2L90)




[via AAPL CH.

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事