Parallels、「Parallels Desktop 12 for Mac」を発表 − 「macOS Sierra」をサポート

Parallelsが、同社の人気仮想マシン環境ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」の最新版である「Parallels Desktop v12 for Mac」を発表しました。

PDfM12Upgrade
今バージョンでは、「macOS Sierra」をサポートし、前バージョンに比べ最大90%高速化されている他、仮想マシンのサスペンドが60%高速化、Windowsのフォルダパフォーマンスが最大25%高速化、バッテリー駆動時間の最大10%向上などが特徴となっています。

また他にも、「Xbox」アプリのサポート、Macのストレージを最適化する「macOS Sierra」の新機能「Optimized Storage」のサポート、500GBのオンラインバックアップストレージ(1年間)、没入感の高いプレゼンテーションモード、すべてのファイルのアーカイブとパスワード保護、Mac&Windowsからのオンスクリーンのビデオ録画などの新機能があります。

なお、通常版の発売は8月23日からで、バージョン10/11からのアップグレード版はこちらから5,300円で購入可能です。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事