次期「Apple Watch」はOGSタッチパネルを採用か − 薄型化やバッテリー容量の増加に期待

DigiTimesが、今年下半期に発売される新型「Apple Watch」のタッチパネルにはOGS(One Glass Solution)技術が採用されるようだと報じています。

th_th_WatchOS3_Hero_3Up_PR-PRINT

「Apple Watch」の現行モデルは2枚のガラスを使用するGlass on Glass技術が採用されていますが、OGSはカバーガラスに直接タッチセンサを形成するタッチパネル方式で、1枚のみのガラスを使用することで、製品をより薄くしたり、内部スペースの増加により、より高容量のバッテリーを搭載することが可能になります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。