Twitter、投稿可能な動画の長さを30秒から140秒に拡大 ー Vineも140秒に拡大

本日、Twitterが、動画を撮影し、編集、共有出来る機能「Video on Twitter」のアップデートを発表し、アップロード可能な動画の長さをこれまでの最長30秒から最長140秒に拡大した事が分かりました。

new_twitter_logo
最長140秒の動画の投稿は、iOS及びAndroid向け公式アプリやウェブ版では本日より順次利用可能になり、Mac及びWindows向け公式アプリでもまもなく利用可能になるとのこと。

また同時に、6秒動画共有サービスの「Vine」でも最長140秒までの動画を公開することが可能になることを発表しており、こちらはまずは一部のクリエイターのみが対象となっています。

更に、タイムラインに流れてきた動画またはVineが付いたツイートをタップして開くと、フルスクリーンで動画を再生出来るようになるとのことで、近い将来にiOSとAndroidで提供される予定です。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事