「iOS 10」にダークモードに関する記述が見つかる

「iOS 10」の正式発表前に「WWDC」公式アプリのユーザーインターフェイスにダークカラーが採用された事から、「iOS 10」でもダークテーマが採用されるのではないかと噂されたものの、実際には「iOS 10」ではダークテーマは採用されなかったのですが、将来的に「iOS」にダークモードが導入される事が予想出来るコードが見つかった事が分かりました。

Dark-Mode-in-Messages

これを見つけたのは脱獄アプリなどを開発するAndy Wiik氏で、同氏は”ChatKit”のコード内に”CKUIThemeDark”という記述を見つけ、「メッセージ」アプリでダークテーマを強制的に適用させたところの画像を公開しました。

ただ、”ChatKit”というメッセージ関連のコード内でしか見つかっていない事から、現時点では他のアプリに適用させる事は出来ないようです。


なお、「iOS 10」では、唯一「時計」アプリのみダーク系のユーザーインターフェイスに刷新されましたが、Appleが将来的に「iOS」にダークテーマを追加するのかはまだ分かりません。


[via iDB



スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事