Apple、「iPhone 7」シリーズの一部モデルにIntel製モデムチップを採用へ

ブルームバーグが、事情に詳しい複数の関係者の話として、Appleは次期「iPhone」の一部モデルのモデムチップを従来のQualcomm製からIntel製に乗り換えるようだと報じています。

iPhone-7-Plus-Pro
現在、「iPhone」のモデムチップはQualcommが独占供給しているものの、Intelのモデムチップ採用は以前より噂されていました。

AppleはAT&Tの米国内ネットワークで使用される「iPhone」にIntel製モデムチップを採用し、米国外で使われる他のタイプの「iPhone」も一部対象となるとのこと。

また、Verizonのネットワークで使用される「iPhone」については引き続きQualcommのモデムチップを搭載し、中国で販売される「iPhone」もQualcomm製チップを搭載したモデルになるそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事