Apple、「OS X 10.11.4」適用後に一部の「MacBook Pro」でフリーズする不具合の解決方法を公開

先月、「OS X El Capitan」を搭載した「MacBook Pro」ユーザーから、「OS X 10.11.4」へのアップデート後にシステムがフリーズするようになったという問題が多数報告されてことをお伝えしましたが、MacRumorsによると、Appleが同問題に関するサポートドキュメントを公開していたことが分かりました。

osxelcapitan

同問題は「OS X 10.11.4」にアップデートした「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」で集中して発生しており、フリーズしてしまうと強制再起動を行うしか解決策はありませんでした。

公開されたサポートドキュメントによると、原因は「Adobe Flash Player」にあるようで、問題がある場合は「OS X」を最新の「OS X 10.11.5」にアップデートし、Adobe Flash Playerのウェブプラグインを最新版にアップデートすることで解決されるとのこと。

 ・Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。