「iPhone 7」はWiGig(802.11ad)に対応か

市場調査会社Counterpoint TechnologyのリサーチディレクターであるNeil Shah氏が、Appleの次期iPhoneこと「iPhone 7」は「WiGig(802.11ad)」をサポートするかもしれないと予測している事が分かりました。


wigig

これは無線チップメーカーのBroadcomのホック・タンCEOの話からの予測で、「WiGig」は60GHz帯を使う無線規格で理論値最大約7Gbpsの高速通信が可能となっているものの、電波の直進性が高いことから壁を隔てた隣の部屋との通信には向いていない為、4K解像度動画のワイヤレスストリーミングやデバイス間でのより高速なゲーム接続などの用途に利用されるのではないかとみられており、同氏は他にも、「Apple TV」もWiGig対応の為にアップグレードされるだろうと予測しています。

なお、Wigig対応スマホは、中国のLeTVが既に発表済みです。

[via Fortune

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事