Twitter、140文字制限の緩和を正式に発表 ー ユーザー名やメディアはカウントから除外へ

本日、Twitterが、140文字の文字数制限を緩和する事を発表しました。

new_twitter_logo
緩和されるといっても140文字の制限はそのままで、これまで文字数にカウントされていた写真や動画、GIFや投票などの添付物が140文字のカウントから除外され、更に返信ツイートの@ユーザー名も140文字のカウントから除外されるようになるとのこと。

変更内容の詳細は下記の通り。

返信
誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。

添付
写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。

自分のツイートのリツイートや引用
自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。

「. @ユーザー名」ツイート
誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」を入れていらしたと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります。


なお、この変更は今後数ヶ月に渡ってウェブ版と公式アプリで実施される予定です。


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事