Anker、キャンプや緊急・災害時バックアップ用の蓄電池として利用可能なポータブル電源「Anker PowerHouse」を発表

日、Anker Japanが、キャンプ及び緊急・災害時バックアップ用の蓄電池として利用可能な、AC/DC/USB出力を備えたポータブル電源「Anker PowerHouse」を発表しました。

51pKtUlNb3L__SL1000_
同製品は、スマートフォンに対しては約40回の充電が可能な400Wh以上の容量を搭載し、USBだけでなくACやDCの出力にも対応しているため、ノートパソコンや照明、小型の冷蔵庫などへも給電が可能となっており、アウトドア用の電源をはじめ、緊急時用の蓄電池としても利用可能です。

各デバイスの充電可能回数の目安は下記の通り。

・スマートフォン(40回)
・ラップトップ(15回)
・キャンピングライト(100時間)
・ミニ冷蔵庫(7時間)
・TV(4時間)


また、製品の仕様は下記の通りとなっています。

・容量:14.4V / 434Wh
・入力:DC 16.8V / 7.5A
・出力:DC: 12V / 10A
    AC: 110V ~ 1.29A
    USB: 5V / 6A (各ポート最大2.4A)
・出力ポート数:DC x 1, AC x 1, USB × 4
・サイズ:約200 × 145 × 65mm
・重さ:約4.3kg


なお、価格は50,000円(税込)で、2016年6月6日からのAmazonなどで販売される予定です。

また、同製品を、平成28年4月に発生した熊本地震被災地への災害用備品として、スマートサプライ(スマートサバイバープロジェクト運営)を通じて、無償提供するとのこと。

 ・Anker

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事