Microsoft、「Windows 10」の最新のプレビュー版(build 14342)をSlowリングのユーザーにもリリース

本日、Microsoftが、「Windows 10」の最新のプレビュー版である「build 14342」を、Windows Insider ProgramでSlowリングに設定しているユーザーにもリリースしています。

windows10logo
同ビルドでは、「Microsoft Edge」の拡張機能がアップデートされ、すべての拡張機能がWindowsストアから入手する仕組みとなり、既にインストール済みだった拡張機能は一度削除される為、再度インストールする必要があります。

更に、「Microsoft Edge」ではリアルタイムウェブ通知をサポートした他、スワイプジェスチャーに対応し、”戻る”や”進む”をジェスチャーで操作可能になっています。
(ジェスチャーは「Windows 10 Mobile」でも次期プレビュービルドより対応予定)

また、上記以外にも、「Windows Ink」のワークスペースのアイコンの更新や、「Bash on Ubuntu on Windows」の改善や「Feedback Hub」の改善、バグフィックスなどが行われています。

なお、詳細はこちらで、同ビルドのISOファイルも近日中にリリースする予定とのこと。


[via Microsoft


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事