「NuAns NEO」向けに新しいファームウェア「V61」配信開始

本日、Windows 10 Mobile搭載スマホ「NuAns NEO」向けに新しいファームウェア「V61」の配信が開始されました。

nuaunsneoss2
このファームウェア「V61」は、先月に一部のモデルの向けにリリースされた「V62」を適用していない端末向けとなっており、両ファームウェアの違いは初期出荷の一部でのタッチパネルの改良ファームウェアが含まれているかいないかのみとなっています。

「V61」での変更点は下記の通りで、「設定>更新とセキュリティ>電話の更新」より可能です。

・カメラアプリ内のデバイス名を”NEO”に変更しました。
・初期設定時のスタート画面に「カメラ」「Continuum」のアプリをプリセットしました。
・カメラで撮影した写真のJPEG圧縮率を下げ、画質を最高画質にしました。なお、これにより圧縮ノイズが大幅に低減されましたが、ファイルサイズとしては大きくなっています。
・フロントカメラの画質を向上しました。
・フロントカメラの顔認識機能が正常に動作するように調整しました。
・リアカメラのオートフォーカス機能を改善しました。
・ナビゲーションバーを操作した際、バイブレーションが動作するようにしました。
・4極ヘッドセットジャック(CTIA)使用時に音が途切れたり、ノイズが入ったりする問題を修正しました。
・電源に接続していないにもかかわらず、OTGケーブルを接続しただけで充電マークが表示されるバグを修正しました。
・緊急地震速報に対応しました。
・一部の充電器との相性問題、およびApple純正ACアダプターで充電すると再起動する現象を改善しました。
・その他、細かいバグフィックスを行ないました。


なお、アップデート適用前にはバックアップを行うことをオススメします。


[via トリニティ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事