ジャパンディスプレイ、来春に有機ELパネルの新しい生産ラインを立ち上げへ ー Appleの動きに対応

2017年に発売される次世代「iPhone」には有機ELディスプレイが搭載されると噂されていますが、日本経済新聞によると、ジャパンディスプレイが、茂原工場(千葉県茂原市)に500億円を投じて、2017年春に有機ELパネルの生産ラインを立ち上げる事が分かったと報じています。

th_iphonesight
スマートフォン換算で月産100万枚を生産し、2018年には500万枚まで引き上げて量産体制を確立する計画で、2017年以降に発売する「iPhone」に搭載する方針を部品メーカーに示したAppleの動きに対応したものとみられています。

有機ELパネルについては、韓国のSamsung Displayが技術の蓄積で大きく先行しており、次世代「iPhone」への採用を機にスマホを中心にデジタル製品のパネルは液晶から有機ELに置き換わるものとみらえており、LG Displayやシャープ(鴻海精密工業)などの主要なパネルメーカーが研究開発、増産投資を加速しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事