「Windows 10」搭載端末が3億台を突破 ー 無償アップグレード終了後(7月30日以降)は通常価格に

本日、Microsoftが、「Windows 10」が稼働している端末の台数が3億台を突破したことを発表しました。

win10logo2
3月末の時点で2億7,000万台を突破したことが発表されていた為、1ヶ月ほどで3,000万台増加したことになります。

また、「Windows 7/8.1」から「Windows 10」への無償アップグレードが2016年7月29日(金)に終了しますが、終了後は「Windows 10 Home」を新たに119ドルで購入する必要があります。

なお、日本での「Windows 10」のパッケージ版の実売価格は「Home」が15,000円前後、「Pro」が22,000円前後となっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事