6秒動画共有サービス「Vine」の「Windows 10」向け公式アプリ、PC・タブレット版も登場

本日、Twitterが、6秒動画共有サービス「Vine」の「Windows 10」搭載PC及びタブレット向け公式アプリをリリースしました。

Vine-image-4
「Windows 10」版の特徴としては、お気に入りのチャンネルやアカウントに素早くアクセス出来るよう、スタートメニューにピン留めすることが可能で、アカウントをピン留めした場合、ライブタイルに最新の動画のプレビューが表示されるようになっています。

なお、価格は無料で、下記リンク先よりダウンロード可能です。

 ・Vine – Windows Store


[via Microsoft

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事