次世代「Apple Watch」は携帯ネットワークへの接続機能や高速プロセッサーを搭載か

WSJが、事情筋によると、Appleは次世代「Apple Watch」に携帯ネットワークとの接続性や高速プロセッサーを盛り込むことに取り組んでいるようだと報じています。

th_AppleWatch-Tumbles-4-Up-PRINT
それ以上の事は書かれていないのですが、もし本当に携帯ネットワークとの接続性や高速プロセッサーを搭載するのであれば、懸念されるのはバッテリー駆動時間で、バッテリーの性能がここ1年で劇的に向上したというニュースはない為、携帯ネットワークとの接続性に関してはもう少し先になりそうな予感。

なお、「Apple Watch」は4月24日で発売から1周年を迎えましたが、発売1年目の販売台数は約1200万台とみられており、この数字は初代「iPhone」の1年目の販売台数である約600万台を上回っています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事