ワコム、今年後半にも「アクティブ ESTM 方式」と「Microsoft Pen」の両プロトコルを使用したペンを発売へ

本日、ワコムが、米Microsoftから「Microsoft Pen」プロトコルのライセンス供与を受けることで合意し、今後は同社独自の「アクティブ ESTM 方式」と「Microsoft Pen」の両方のプロトコルを1本のペンに搭載することが可能となった事を発表しました。

W10_Laptop_Stickies_16x9_en-US-1024x576

これにより、Microsoftが新たに提供する「Windows Ink」を使用する際の利便性が高まり、今年後半のホリデーシーズンでの導入を目指し、両プロトコルを使用したペンを開発するとのこと。

 ・ニュースリリース(PDF)

[via PC Watch

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。