様々な問題が報告される「iOS 9.3」、クラッシュ率だけで見ると過去数年で最も安定したバージョンである事が明らかに

「iOS 9.3」と言えば、リリース後に正常にアクティベート出来ない問題(修正済み)やリンクが機能しない問題などが報告されており、Apple側のリリース前のチェックに不備があったのではないかと言われていますが、「iOS 9.3」はOSのクラッシュ率だけで見ると、過去数年では最も安定したバージョンである事が分かりました。

iOS9

これはモバイルアプリのパフォーマンスマネジメント会社のApteligent(旧Crittercism社)が公開したデータから明らかになったもので、下記のグラフを見ると分かる通り、「iOS 9.3」のクラッシュ率は過去8日間で2.2%となっており、「iOS 8〜9.2」よりも低くなっています。

16384-13148-iOS-93-l

また、Androidの最新版のクラッシュ率は約2.6%で、「iOS 9.3」はそれも下回っているとのこと。

アクティベーション出来ない問題はクラッシュ率には関係がない為、問題が少ないかというとまた別の話ですが…。

[via Apple Insider

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。