Twitter、画像に説明を加える事が出来る機能を提供開始

本日、Twitterが、視力が弱い方にも画像の内容を伝えられるように、画像に説明を加えることが出来るようになった事を発表しました。

Alt_Text_Image_0

同機能はiOSとAndroid向け公式アプリで利用可能になっており、アプリの「アクセシビリティ」設定にある「画像の説明を追加」をオンにすることで同機能を利用できるようになります。

同機能をオンにすることで、ツイートに画像を添付する際、各サムネイル部分に「説明を追加」ボタンが表示され、画像の説明を追加出来るようになり(最長420文字)、視力が弱い方々がテキストを読み上げてくれるような補助技術アプリを利用する事で、その画像の説明テキストも読み上げられるようになり、画像についての情報も得ることが可能になります。

 ・ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。