次期「Mac Pro」での採用が予想される「Xeon E5-2600 v4」はやはり3月31日正式発表の模様

先日、次期「Mac Pro」への搭載が予想されるIntelの第4世代Xeon E5プロセッサ(Broadwell-EP)である「Xeon E5-2600 v4」シリーズが3月31日に発表されるようだとお伝えしましたが、本日、中国から同プロセッサが3月31日に正式に発表されるとの新たな情報が出てきました。

s_9013037d8e4f43f6aa6d5fd964f90708
「Xeon E5-2600 v4」シリーズは14nmプロセスを採用し、コア数は最大22コア、L3キャッシュは最大55MB、DDR4-2400メモリのサポートなどが特徴で、パフォーマンスは「Xeon E5-2600 v3」シリーズに比べ平均18%向上しているとのこと。

なお、これまでにも伝えている通り、現行の「Mac Pro」には上記プロセッサの2世代前の「Xeon E5-2600/1600 v2」シリーズが採用されており、2014年にリリースされた「Xeon E5-2600/1600 v3」シリーズの採用が見送られ、2年以上モデルチェンジが行われていない事から、「Xeon E5-2600/1600 v4」シリーズがリリースされた後に「Mac Pro」もモデルチェンジが行われるものと予想されます。

ただ、それが「Xeon E5-2600 v4」シリーズの登場後すぐなのかは不明で、今のところ新モデルの噂が何もない事から、早くても「WWDC」までは発表されないのかもしれません。


[via MyDriver]

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事