Spigenの「iPhone SE」用ケースの画像が明らかに ー 本体デザインは「iPhone 5s」とほぼ同じか

4インチの新型「iPhone」こと「iPhone SE」は3月21日に発表されると言われていますが、本日、MacRumorsによると、Spigenが「iPhone SE」用のケースを開発しており、そのケースのレンダリング画像を公開しています。

spigeniphonesecase1-800x773
Spigenの「iPhone SE」用ケースの画像を見る限り、「iPhone SE」は「iPhone 5s」と同じデザインを採用しており、電源ボタンの位置は本体上部、音量調節ボタンは丸型となっています。

また、「iPhone SE」のディスプレイから側面にかけては「iPhone 6/6s」のようにカーブしているとの情報もありましたが、この画像からは確認する事は出来ません。

spigeniphonese-800x523
なお、MacRumorsでは、複数のケースメーカーから、「iPhone SE」のデザインは「iPhone 5s」と同じサイズであると聞いているそうです。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事