米Appleが寿司職人を募集中

現在、米Appleが、人材募集のページで、いつものエンジニアやセールススタッフなどではなく、寿司職人を募集している事が分かりました。

apple_office_rainbow
募集要項によると、日本料理の経験を持っており、1~2年の調理経験、包丁さばきの技量、ガイドラインに従って調理すること、衛生面への配慮、リーダーシップ、プレゼンテーション能力、コンピューターリテラシー、追加責務の実行、”100%立ちっぱなし”などが要求されています。

Appleと寿司との繋がりと言えば、故ジョブズ氏が寿司を好きだった事が有名で、更に本社キャンパス内にある食堂では寿司を食べる事ができますが、今回の求人の勤務地はカリフォルニア州のサンタクララバレーとなっており、Appleの本社キャンパスがあるクパチーノはサンタクララバレーの西端上に位置している事から、恐らく本社キャンパスの食堂での勤務と予想されます。

また、ジョブズ氏が亡くなる前に最後に雇用しようとした人物は、同氏が良く食べに訪れていた寿司屋の寿司職人だった佐久間俊雄氏と言われています。

更に、Appleは過去に、スタッフに入れたての美味しいコーヒーを提供する「iCup テクニシャン」を募集していた事もあります。


[via ねとらぼ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事