Microsoftの「Surface」シリーズ、2015年の出荷台数は600万台か

本日、DigiTimesが、台湾のサプライチェーンメーカーの話として、Microsoftのタブレット端末「Surface」シリーズの2015年の総出荷台数は600万台だったようだと報じています。

surface3-hero
2015年第4四半期(10〜12月)の出荷台数は250万台で、600万台という総出荷台数は市場予測の400万台を50%も上回ったそうで、2016年は800万台に達するものと予想されています。

また、Microsoftは2016年後半に発表される可能性が高い「Surface」シリーズの新モデルの開発を、サプライチェーンメーカーと協力して進めているようです。

なお、参考までにAppleの「iPad」シリーズの2015年の出荷台数は約4,950万台となっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事