「iOS」の「Safari」がクラッシュする不具合が発生中 − 対処方法も

9 to 5 MacITmediaによると、「iOS」のSafariである操作をするとクラッシュするといった不具合が多数報告されていることが分かりました。

ios-8-safari-tips_thumb800
この問題は世界各国で発生しており、その操作とはSafariのアドレスバーにタッチするだけで、タッチすると同時にクラッシュしてSafariが終了してしまいます。
筆者の環境(iPhone 6s/iOS 9.3 beta 2 及び iPhone 6/iOS 9.2.1)でも発生することを確認しており、応急措置として「設定>Safari」にある「Safari検索候補」(あるいはSpotlight検索候補)の項目をオフにすることで回避出来るようです。

IMG_4808
また、「OS X」のSafariでもアドレスバーに入力出来なくなったり、フリーズする不具合が報告されており、Safariの「環境設定>検索>Safariの検索候補を含める」をオフにする事で対処可能です。

両方とも検索候補が関係している事からAppleのサーバーにトラブルが発生しているものと予想され、Appleがそのうち対処するものと思われます。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事