mouse、「Windows Phone 8.1」を搭載した「MADOSMA」向け次期ファームウェアアップデート(1.0.0.16)の更新内容を公開

本日、mouseが、「Windows Phone 8.1」を搭載した「MADOSMA」向けの次期ファームウェアアップデートに関する情報を公開しました。

madosuma
次回のファームウェアアップデート(1.0.0.16)の内容は下記の通りで、主に「Windows 10 Mobile」へのOTAでのアップデート後の動作を改善するものとなっており、2月1日の週にリリース予定です。

(1) Windows 10 Mobile OTA アップグレード後に発生する以下不具合を修正しました。

(a) 輝度を手動にて25%以下に設定した場合、端末再起動後に動作が不安定になる場合
があるのを修正しました。

(b) 「携帯ネットワーク」の「最高接続速度」が正しく表示されないのを修正しました。
4G対応SIMをご利用時に敢えて3Gに制限、後に4Gへ戻す場合、へ即時移行しない場合が
ありますのでご注意ください。

(c) 「カメラ」アプリケーションで 16:9 撮影時の解像度を変更しました。

(d) 電子コンパスが動作しない不具合を修正しました。
OS標準「マップ」アプリでは現時点では動作いたしません(確認中です)。
MapFan等、その他電子コンパス対応アプリではお使いいただけます。

(2) ファームウェア 2.0.0.3 の変更項目を反映しました。
Windows 10 Mobile OTA 後に有効になります。


なお、「2.0.0.x」のユーザー向けには別途更新ビルドが提供される予定とのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事