Evernote、人気画像加工アプリ「Skitch」のiOS/Android/Windows版などの開発及び提供終了を発表

本日、Evernoteが、人気画像加工アプリ「Skitch」などの複数のアプリの開発及び提供を終了する事を発表しました。

512x512bb
「Skitch」でも全てのプラットフォーム向けが開発終了となる訳ではなく、開発終了となるのはiOS版、Windows版、Windows Touch版、Android版で、Mac版のみ開発及び提供は継続されるとのこと。

開発終了の理由としては、「Skitch」で提供している機能が、「Evernote」とブラウザ拡張機能の「Web Clipper」でも利用出来る為で、同時に「Evernote Clearly」と「Evernote for Pebble」も同時に開発及び提供を終了する予定で、これらのアプリは2016年1月22日をもってダウンロード出来なくなります。

なお、開発及び提供終了後もダウンロード及びインストール済みのアプリは継続して利用可能であるものの、以降はアップデートが提供されない為、OSのアップデートなどにより使用出来なくなる可能性があります。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事