ソフトバンク、LTE対応のAndroid搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」を発表 − モバイルWi-Fiルーターやモバイルバッテリーとしても利用可能

本日、ソフトバンクが、国内初となるLTE対応のAndroid搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」を2015年11月13日に発売する事を発表しました。

index_pic_02
「モバイルシアター」は最大120インチのサイズに加え、最大150ルーメンの明るい映像を投影可能な高性能モバイルプロジェクターで、Miracastによる無線接続や、HDMIによる有線接続にも対応しているため、スマートフォンなどの画面を投影することも可能となっており、更にスピーカーも内蔵しています。

また、OSには「Android 4.4.4」を搭載している事から、Android向けの各種アプリを利用する事も可能で、「SoftBank 4G LTE」「SoftBank 4G」の高速通信に対応し、6,300mAhの大容量バッテリーを内蔵している為、モバイルWi-Fiルーターやモバイルバッテリーとしても利用可能です。

なお、発売に合わせて「モバイルシアター」向け料金プランの「スマートデバイスプラン」と、スマートフォンで契約しているデータ定額パックのデータ量を本製品と共有できるサービス「スマートデバイスシェア」の提供も開始されます。

詳細はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事