Apple、来年前半に4インチの新型「iPhone」を投入か − 「iPhone 7 Plus」は3GBのRAMを搭載との予測も

MacRumorsによると、KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleが2016年前半に4インチの新型「iPhone」を投入すると予測している事が分かりました。

iphone_screen_sizes
その4インチの新型「iPhone」は、A9プロセッサや金属製の筐体を採用し、2016年前半に量産が開始され、2016年内に20〜30万台出荷されるものとみられています。

また、「iPhone 6s/6s PLus」との差別化により、「3D Touch」については4インチの新型「iPhone」では利用出来ないものと予測されています。

他にも、「iPhone 7」シリーズについては、例年通り2016年第3四半期(7〜9月)の発売が予想され、A10プロセッサを搭載し、RAMの容量は「iPhone 7」は2GB、「iPhone 7 Plus」は3GBになるものと予想しています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事