Windows Phone搭載スマホ「MADOSMA Q501」向けファームウェアアップデート 1.0.0.12が配信開始

本日、マウスコンピューターのWindows Phone搭載スマホ「MADOSMA Q501」向けに、最新のファームウェアアップデートである”ver 1.0.0.12″がリリースされました。

madosuma

今アップデートによる変更点は下記の通りで、「設定>電話の更新」よりダウンロード及びアップデートが可能です。

(1) 4G/LTE 接続に時間がかかる場合があるのを修正しました。

DOCOMO通信網に接続する際、初期接続段階から「携帯ネットワーク接続
プロファイル」の持つAPN情報を使用するよう、設定を変更しました。

SIM交換後の初回起動の際、何らかの理由でSIMと異なるプロファイルを
選択後に正しいプロファイルを選択された際、等に限り、引き続き時間
がかかる場合がありますが、端末再起動後、または約10分後にLTE接続
された後は発生いたしません。
(APN情報が反映される前に通信網にリジェクトされ、T3402タイマーに
よる待機に入るのが要因です)

(2) ノイズキャンセリングが誤作動する場合があるのを修正しました。

特定環境下において音が抜ける、等の不具合を修正しています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。