【フォトレビュー】「Magic Mouse 2」を開封してみた

昨晩に発表・発売された「Magic Mouse 2」をApple Storeで購入してきたので、超簡単な開封フォトレビューを…。

th_DSC04710

外箱はこんな感じで「iPhone」と同じような感じのデザインに。

th_DSC04711

開封するとこんな感じで「Magic Mouse 2」が鎮座。

th_DSC04714

同梱物は本体と簡易説明書とLightning-USBケーブル。

th_DSC04717

本体のデザイン自体は「Magic Mouse」から変わっておらず、握った感じも特に変化なし。
(クリック音が若干大きくなったかも)

th_DSC04721
(左が新型、右が旧型)


本体下部のデザインも大きく変わっていませんが、Appleロゴが黒くなった他、バッテリー内蔵となった事から電池ケースの蓋がなくなっており、代わりに充電用のLightningポートが搭載されています。なお、旧モデルであったインジケーターは省略されており、充電中なども何も光りません。

th_DSC04723
(左が新型、右が旧型)


重さの比較は、エネループを2本入れた旧型より新型の方が12g軽い。

mgic

初めて使用する際はMacとLightning-USBケーブルで繋ぐ事で自動的にペアリングしてくれる。

SS 2015-10-14 18.29.27

Lightningポートにケーブルを挿してみた図(1)

th_DSC04725

Lightningポートにケーブルを挿してみた図(2)

th_DSC04727

なお、充電やMacとの接続に関しては、純正のLightningケーブル以外に、サードパーティ製のLightningケーブルも使用可能です。

また、同製品の充電時間は2時間で1ヶ月使用可能で、さらに2分の充電で最大9時間使用可能な高速充電にも対応しているとのことですが、バッテリー駆動時間や充電時間についてはもう少し触ってみないと何とも言えないので、また何か分かったら報告します。

 ・Magic Mouse 2:9,500円(税別)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事